薄毛の乾燥対策と予防法

 

頭皮が乾燥していると、薄毛になるリスクが高くなります。

 

乾燥そのものは薄毛の直接原因にはなりませんが、乾燥してかゆくて掻いてしまうことで頭皮を傷つけてしまったり、かゆみによるストレスが薄毛になってしまう原因につながります。

 

対策は、原因が何かによって変わってきます。

 

1つ目は季節によるものです。秋?冬は湿度が低くなるので、肌がカサつくようになります。これに対しては、ノンシリコンシャンプーを使う、頭皮専用ローションを塗る、などが有効です。

 

2つ目はシャンプーのし過ぎによるものです。皮脂汚れは薄毛の原因になりますが、だからと言って頭皮に必要な皮脂まで洗い落としていては、肌に潤いがなくなります。洗いすぎに注意して正しいシャンプーの仕方を身につけることが大切です。

 

3つ目は紫外線によるものです。紫外線は頭皮への直接的なダメージになるだけでなく、乾燥も招きます。対策では、帽子をかぶるようにしましょう。

 

4つ目はヘアケアによるものです。ドライヤーが必須の人は、ドライヤーを頭全体にあてるように髪から離して使うようにすると良いです。一点だけ集中して当ててしまうと、頭皮が乾きやすくなります。

 

頭皮の潤いを考えながら、ケアしていくことが大切です。